ソニー生命のガン保険を徹底解説!


PR:保険料0円からのがん保険保険をご存知ご存知ですか? わりかん がん保険

ソニー生命のガン保険はガンや三大成人病に手厚く備えることができる保険です。3つのプランから自分にあったものを選んで、いざという時のために備えることができます。

 

今回はソニー生命のガン保険について、解説していきます。

 

ソニー生命のガン保険の種類

ソニー生命のガン保険には3つのプランが用意されています。

  • がん保険(無配当)…がんによる入院や手術を一定の期間保障
  • 終身がん保険…一生涯にわたり、がんによる入院や手術を保障
  • がん入院保険…一生涯にわたり、がんによる入院や死亡を保障

というものです。

終身タイプではなく保険の場合、一定期間ごとに保険が更新されていき基本的には保険料が上がっていきます。がんのリスクは一生涯つきまとうものですから、できれば終身タイプの保険に加入して置くのがオススメです。

ソニー生命のガン保険で受け取れる保険金は?

ソニー生命のガン保険で人気があるのは、やはり一生涯に渡ってガンや成人病に備えることができる終身がん保険です。

終身がん保険では、特約をつけることで三大成人病にも備えることができるため、幅広く病気のリスクを回避できます。

主契約でもらえる保険金

そして、もし、本当にガンになってしまったら…ソニー生命のガン保険 終身がん保険では以下のような支給金が貰えます。

  • がん診断給付金
  • がん入院給付金
  • がん手術給付金
  • がん死亡保険金
  • 死亡給付金
  • 退院後療養給付金

まず、基本的な契約の補償として貰えるのが「がん診断給付金」「がん入院給付金」「がん手術給付金」「がん死亡保険金」「死亡給付金」「退院後療養給付金」です。

がん診断給付金は、一時金でがんと診断された場合にまず貰える保険金です。そして、がんと入院給付金は治療のために入院した場合に日額が支払われます。

がん手術給付金とは、所定のがんの手術をした場合に支給される保険金で、入院給付金額の10倍・20倍・40倍のいずれかの金額になります。

そして、ソニー生命のガン保険の特徴といえる死亡した場合の補償ですが、これも特約ではなく基本的な契約に含まれています。がん死亡給付金は死亡に至った原因がガンであるという場合に支払われるもので、死亡給付金はガンではない他の理由で死亡した時に支払われるのです。がん死亡給付金は入院給付金額の100倍、死亡給付金は入院給付金額の10倍が支払われます。

退院後療養給付金とは、がんで入院した後に退院して治療を継続している場合に支払われる保険で入院給付金額の30倍の金額を受け取ることができます。退院後の手厚い補償もうれしいポイントです。

特約でもらえる給付金

ソニー生命のガン保険には次のような特約があります。

  • 抗がん剤治療特約
  • 保険料払い込み免除特約
  • 先進医療特約
  • 特定疾病診断給付金特約

抗がん剤治療特約をつけていれば、がん治療の目的で入院もしくは通院して抗がん剤治療した場合に一定の保険金が貰えます。抗がん剤治療は、ポピュラーながん治療り方法ですのでつけておきたい特約といえます。

先進医療特約は高額になりやすい先進医療を受けた場合にかかる技術料を最大で1000万円までカバーしてくれます。

特定疾病診断給付金特約は、ガン以外の三大疾病といわれている急性心筋梗塞、脳卒中をカバーする特約です。

保険料払い込み免除特約は、お金がもらえるのではなく「三大疾病により所定の障害状態になったとき」「所定の障害状態になったとき」「所定の要介護状態になったとき 」には以後の保険料の支払いが免除されるというものです。

ソニー生命のガン保険のメリットとデメリット

ソニー生命のガン保険のメリットは

  • がん以外の3大疾病の特約がある
  • 死亡にも備えられる
  • がん以外で死亡しても保険金がもらえる

という3点です。特約ではなく主契約で死亡に備えられる…しかも金額は減りますがガン以外の理由での死亡の補償もしてくれるのはガン保険としての珍しい内容です。

また、脳卒中や心筋梗塞にも備えることができるので、ガン保険でカバーできるリスクか広いのも魅力といえます。

デメリットとしては

  • 保険金が割高
  • 終身タイプでも診断給付金は1度のみ

という点です。もともと幅広い補償が魅力のソニー生命のガン保険ですが、そこに、三大疾病、抗がん剤治療や先進医療の特約をつけると保険料は割高になってしまいます。手厚い補償内容を考えれば妥当な金額ですが、毎月の負担が増えてしまうのも事実と言えます。

そして、終身タイプでも診断給付金が1度しか支払われないのは大きなデメリットです。ガンは再発や転移がある病気ですので、診断給付金が1度しか支給されないのは心もとないと言わざるを得ません。

上皮内癌でも診断給付金がもらえるのですが、上皮内癌の後に悪性新生物と診断されて場合は、悪性新生物と診断されているのに診断給付金がもらえないという事態になることも想定なければなりません。

参考資料:ソニー生命 https://www.sonylife.co.jp/examine/lineup/list/cancer/

※この記事は、執筆時に公開されている最新の情報をもとに作成していますが、閲覧されている時点の情報に差異がある可能性がございます。

保険へご加入の際は、保険会社へのお問い合わせ / ホームページ等で最新の情報を必ず確認をするようにしてください。


PR:保険料0円からのがん保険保険をご存知ご存知ですか? わりかん がん保険

がん保険に関連する記事をご紹介

当ブログ内で、がん保険に関連する記事をご紹介します。

保険商品別の記事

子宮頸がんに関連する記事をご紹介

当ブログ内で、子宮頸がんに関連する記事をご紹介します。

がん診断以降も入れる保険の記事をご紹介

当ブログ内で、がん診断以降も入れる保険の記事をご紹介します。

保険料0円からのわりかん がん保険


わりかん がん保険

わりかん がん保険とは

がんになった人に80万円の保険金をお支払いし、保険金を加入者同士でわりかんするがん保険です。

みんな元気なら保険料は0円

誰も保険金を請求しなければ保険料はずっと0円。加入しているにも関わらず保険料を支払う必要がありません。

安心の保険料

保険料が発生しても20〜39歳の方であれば最大でも500円。ワンコインで誰かの力になれます。

保険料の見える化

先月がんになった人の人数、お支払いした保険金の金額をお知らせし、保険料の見える化をします。

わりかん がん保険