若いうちだからこそ!30代女性におすすめする保険選び


\いますぐ無料相談予約!/ FPパートナーズ

\いますぐ無料相談予約!/ FPパートナーズ

30代の女性は、どのように保険を選んだらよいでしょうか?

30代はまだ若くて健康なため、保険に加入する必要性を感じないかもしれません。

しかし20代までとは違い、30代では生活面や健康面で多くの変化を迎えることになり、早期から医療保険や生命保険に加入する意義が生まれます。

本記事では30代の女性にフォーカスして、30代のうちに保険に加入する重要性について紹介します。

30代女性の保険の加入状況

30代の女性は20代のときに比べてがん罹患率が高くなることもあり、多くの人が保険に加入しています。

また、医療技術が発達している現代においても、30代女性の生命保険加入率は減少するどころか増加傾向にあります。

つまり、それだけ多くの女性が保険に加入することの重要性を感じているということです。

年齢別生命保険加入率表

厚生労働省の発表している統計によると、令和元年における20代女性の生命保険加入率は59.9%で、30代以降では全ての年代で80%以上でした。

また、30代女性の生命保険加入率は令和元年時点で過去最大であり、30代で保険に加入する女性が増加傾向にあることがわかります。

若いうちだからこそ!30代女性におすすめする保険選び

30代女性の健康リスク

では、30代の女性にはどのような健康面でのリスクが存在するのでしょうか?

ここでは30代女性の主な死因や入院理由について説明します。

30代女性の死因

30代女性の場合、死因として最も多いのが悪性新生物(がん)であり、その次に自殺、心疾患、不慮の事故、脳血管疾患です(平成29年時点)。

20代の女性と比べると、30代の女性はがんで死亡する割合が約2倍であり、生命保険に加入する人も一気に増えます。

また、30代の男性に比べて女性の方が乳がんや子宮頸がんにかかるリスクが大きく、がんで死亡する割合が多い結果となっています。

若いうちだからこそ!30代女性におすすめする保険選び

30代女性の入院理由

平成29年時点において、30代の女性が入院する最も大きい理由は妊娠、分娩及び産じょくでした

また、上位5つをみてみると、妊娠・分娩のほかに怪我や新生物、神経系の疾患などが30代女性の入院理由として挙がっています。

女性の場合、病気や怪我だけでなく妊娠・出産のために入院することもあるので、保険に加入するときは妊娠や出産が影響するかどうかも考えて選択しましょう。

若いうちだからこそ!30代女性におすすめする保険選び

女性特有の病気への備えが最優先

女性特有の病気としては、子宮筋腫や子宮内膜症などの疾病に加え、乳がんや子宮がんなどの女性特有のがんなどが挙げられます。

特にがんについては、女性特有のがんが存在することもあり、男性よりも罹患率が高いのが現状です。

そのため、乳がんや子宮がんなどの女性特有の病気への備えは非常に重要です。

30代女性が保険に加入するメリット

30代というとまだ若くて比較的健康な分、保険に入ることを躊躇うかもしれません。

しかしながら、若いときに保険に加入しておくからこそ得られるメリットも存在します。

そこで、若いうちから保険に加入するとどのような恩恵を受けるのかについて、次に紹介します。

払込保険料合計額が安い

医療保険の場合、30代で加入する人の方がその後に加入する人よりも振込保険料の金額が低くなります。

仮に30代の人と40代の人が同じ医療保険に加入する場合、30代の人の方が振込保険料が低いため、60歳までにおける累計での保険料も40代の人より低くなります。

例として、オリックス生命の提供している医療保険では、入院給付金が日額10,000円のもので月額保険料が30歳女性で3,098円、40歳女性で3,665円であり、保険料は生涯変わりません。

つまり、早い段階から医療保険に入ることで割安の金額で長期間の医療保障が得られるということです。

健康なときに加入することができる

過去に大きな傷病や精神疾患を患っていたことのある人は、医療保険に加入できないことがあります。

歳を重ねるにつれて病気にかかる可能性も高くなるので、医療保険に入るのを先延ばしにしていると、病気にかかってしまって入れる保険が少なくなることもあり得ます。

そのため、若くて健康なうちに医療保険に加入した方が、後から加入できずに後悔するという事態を回避できます。


\いますぐ無料相談予約!/ FPパートナーズ

\いますぐ無料相談予約!/ FPパートナーズ

30代女性が保険に加入するデメリット

女性が30代の内に保険に加入することによるメリットがある一方で、デメリットもいくつかあります。

次に、30代で保険に加入することによって生じるデメリットについて紹介します。

保険を使わなかった場合に損してしまう

保険とは相互扶助の精神が土台にあり、病気や入院などで保険金を請求しない場合、支払う保険料は他人の保険金の給付に使用されます。

そのため、病気も怪我もせずにずっと健康であった場合は、損したと感じる人もいるかもしれません。

保険の保障内容が将来役に立たなくなってしまう

若い30代で保険に入る潜在的なデメリットとして、将来保険の保証内容が役に立たなくなるリスクが存在します。

例えば、近年目まぐるしく進歩している医療技術の発展によって、将来、入院・手術はほとんど必要なくなるかもしれません。

また、インフレが生じて物価上昇が続くと、入院費用が高くなり入院給付金では医療費のほんの一部しかカバーできないこともあり得ます。

30代女性が優先して加入すべき保険

30代の女性は20代までと比べて、病気の罹患率や生活環境などの様々な点で変化を迎えます。

それだけに、自身の身体や環境の変化に合わせて保険に加入する必要があります。

そこで、保険の中でも特に30代女性が優先して入るべきものについて、次に紹介します。

がん保険

女性は男性に比べ、乳がんや子宮がんなどの女性特有のがんに罹患する可能性があります。

そのため30代の男性と女性では、女性の方ががんにかかる割合が高くなります

国立がん研究センターの統計では、30歳の男性が10年後までにがんに罹患する確率は0.6%なのに対し、30歳の女性の罹患率は1.4%であり、男性の2倍以上です。

また、30代の女性は20代のときに比べてがんにかかるリスクが高くなるため、がん保険は30代の女性が入るべき保険の中では優先順位が高いものとなります。

加えて、がん保険は若いうちに加入すると、累計で支払う保険料が少なく抑えられるというメリットもあるため、30代のうちに入るのをおすすめします。

がん保険の選び方

がん保険で保険金や給付金を受け取るためには、原則として加入時が初回のがんへの罹患でなければなりません。

過去にがんの経験がある場合はがん保険に加入できませんし、がんであったことを隠して加入した場合は保険金が給付されません。

そこで、がん保険に加入する上での制約を踏まえた上で、がん保険の主契約と特約についてそれぞれ何に着目して選べばいいのかを次に紹介します。

主契約の選び方

がん保険の主契約は、販売している保険会社によって大きく異なります。

がん保険を選ぶときには、主契約ではがんと診断された場合に診断給付金が複数回受け取れるかどうかを確認する必要があります。

なぜなら、古いタイプのがん保険は診断給付金が1度しか給付されないため、再発した場合に保険金を受け取ることができないからです。

また、女性特有の病気である子宮頸がんのうち6割は上皮内がんのため、、上皮内がんが給付の対象に当たるかについても確認が必要です。

特約の選び方

がん保険の中には主契約とは別に特約として、乳がんで乳房を全摘出した後の乳房の再建手術費用や、抗がん剤の副作用で髪の毛が抜けたときに利用するウイッグの作成費用を保障するものも存在します。

そのため、がんの治療に伴う女性特有の問題について保障される保険を選ぶのも重要なことです。

医療保険

保障をなるべく手厚くしたい場合、がん保険に加えて医療保険も加入するのがおすすめです。

がん保険だけでなく医療保険にも加入しておくことで、がんだけでなく他の病気やケガをしたときに手術代や入院代の補助を受けることができます。

医療保険もがん保険と同様、主契約と特約の二つの側面を考慮し、どの保険に加入するかを選択することが重要です。

医療保険の選び方

医療保険を選ぶ場合は、女性専用の疾患をカバーできるものを選びましょう。

近年は女性専用の医療保険も販売されているため、選択肢も多くあります。

主契約の選び方

医療保険に加入する場合、入院給付金が日額10,000円程度のものを選択するのが理想的です。

しかし、女性疾病がカバーされている医療保険に加入している場合、女性特有の病気で入院したときに倍額の入院給付金が支払われるため、日額5,000円の医療保険でも問題ありません。

また、重い病気にかかって入院期間が長期化したときのために、1回の入院あたりの給付限度日数が120日程度の医療保険がおすすめです。

給付限度日数が60日の医療保険を選ぶ場合は、三大疾病(がん・心筋梗塞・脳卒中)に罹患したときに限度日数が無制限になるものを選ぶと良いでしょう。

特約の選び方

医療保険の特約では、がんになったときにまとまった金額の保険金を受け取れるがん保障があると安心です。

また、三大疾病(がん・心筋梗塞・脳卒中)の場合にも、一時金で給付金を受け取れる特約もあるので、手厚い保障が欲しい人は付加すると良いでしょう。

重い疾病があったときの保障を手厚くする重度疾病特約をつけることによって、医療保険1つの加入もみでも、がんも含めた治療費が高額になる重い病気の保障をまとめて準備できます。

ただし、医療保険を解約すると、がん特約や重度疾病特約も解約となるため注意しましょう。

死亡保険

小さい子供がいるお母さんにとって、死亡保険に加入することは重要なことです。

特に世帯主であったり家庭の収入の柱であったりする場合は、手厚い死亡保障が必要でしょう。

死亡保険の選び方

専業主婦で小さな子供がいる場合は、500万~1,000万円までの死亡保障に加入することで、配偶者に訪れる金銭的なリスクに備えることができます。

また、世帯主であったり夫婦で共働きをして家族の収入を支えている女性は、収入保障保険に入ることも推奨します。

収入保障保険とは、万一のことがあった場合、残された家族に対して毎月一定額の保険金が、決まった年数分受け取れる保険のことです。

公的な保障である遺族年金に加え、収入保障保険による保険金を受け取ることで、いざというときに家族の生活費を準備することができます。

状況別30代女性の保険選び

同じ30代の女性でも、その人の状況によって入るべき保険の優先度は異なってきます。

次に、状況によってどのように保険を選ぶべきかを紹介します。

独身の場合

30代で独身の人の場合、病気やケガをしたときに生活への影響が最低限で済むような保険を選ぶ必要があります。

そのため、加入者が働かれている場合は医療保険に加え、病気やケガで働けなくなったときの収入減に備える就業不能保険に加入するのがおすすめです。

また、30代になるとがんにかかるリスクも高くなるため、がん保険で保障を確保しておくと安心です。

死亡保険については、少額で金銭的な負担が少なく、継続して加入し続けられるような保険を選ぶと良いでしょう。

妊娠してからでは加入できる保険商品が限られてしまい、加入時に制限がついてしまう場合があるため、早めに保障を確保した方が良いです。

既婚者の場合

結婚されている場合、自身の医療費の負担だけではなく、入院や手術で働けなくなり家庭の収入が減ってしまうリスクや、万一死亡したときに家族の生活を維持するために必要な保障についても考えて保険を選ぶ必要があります。

女性の場合、妊娠してからでは加入できる保険が限定されてしまうので、医療保険やがん保険、共働きの人は就業不能保険などに早めに保険に加入するのが良いでしょう。

子どもがいる場合

30代は、小さな子どもがいる人が多い年代であり、がんなど生活習慣病のリスクが高くなっていく時期でもあるため、高額な死亡保障が必要な時期です。

女性の場合、入院や手術などのときに、近くに子ども面倒を見てくれる人がいるかなど、自分の置かれた環境によってかかる費用が異なってくることを考慮する必要があります。

そのため、子供のいる女性は入院や治療による治療費のことだけでなく、自分の身の回りの環境や、収入減のリスクなども踏まえた上で保険を選ぶことが重要です。

従って長期的な治療による収入減に有効な保険として、就業不能保険に加入するのがおすすめです。

また、短期的治療であれば医療保険を充実させるのも一つの手です。

まとめ

本記事では、30代の女性を対象とした保険選びについて紹介しました。

30代の女性は結婚しているかどうかや配偶者の存在など、環境によって最適な保険が異なります。

そのため、自分の身に万が一のことが起きたときに、第一に何を守る必要があるのかをしっかりと考えて保険を選択しましょう。

また、もし保険商品を選ぶ上で分からないことがあれば、一度保険の専門家であるファイナンシャルプランナー(FP)に相談することをおすすめします。

あなたの健康状態や貯蓄、経済状況をFPに相談すれば、あなたに最適な保険を選ぶ手助けをしてくれます。

 

\いますぐ無料相談予約!/


FPパートナーズ


マネードクターとは

保険も家計も将来も。さらには資産運用など、お金の上手な活用法まで。あなただけの「お金の答え」を見つける人生のパートナーです。

無料で保険相談

オンラインでも、カフェやご自宅など対面でも、全国どこでもご希望の場所でマネードクターのFPと無料で保険相談可能です。

Webで今すぐ予約

オンラインで今すぐ予約できます。お電話でも可能。お電話でご予約の際はオペレーターに受付番号「12384」とお伝えください。

無料相談予約はこちら|マネードクター

FPパートナーズ
FPパートナーズ