保険料ゼロ円から入れるわりかん がん保険の特徴を紹介!


PR:保険料0円からのがん保険保険をご存知ご存知ですか? わりかん がん保険

この記事を読まれている方は様々ながん保険を調べていて、どの保険に入ろうか迷われている方ではないでしょうか。

がんはどれくらいの確率でかかるのか、がん保険が必要な理由、保険料ゼロ円から入れるわりかん がん保険について詳しくご紹介します。

がんは生涯で2人に1人がかかる身近な病気

国立がん研究センターの最新がん統計の22.がん死亡の4)がん死亡率~年齢による変化によると、おおよそ2人に1人は生涯でがんにかかる(罹患する)とあります。

同統計の「4)がん罹患率~年齢による変化」によると、年齢ごと男女ごとで次の傾向が見られます。

  • 男女とも、おおよそ60歳代から罹患率が増加し、高齢になるほど高い。
  • 60歳代以降は男性が女性より顕著に高い。

また、現在30歳の男性が70歳までにがんにかかる確率は約21%、同じく女性の場合は約19%とあり、高齢でなくてもがんにかかる可能性は小さくなく、身近な病気となっていると言えるでしょう。

がんになったときの経済的負担について

どんな経済的負担が起きうるのか考えてみましょう。

  • 入院での休職による収入減少する
  • 長期的な入院治療により働けなくなり収入がなくなる
  • 高額な治療費の支払い

ご自身だけでなく、ご家族の不安を軽減するためにも、これらの経済的負担について、あらかじめがん保険で備えておく必要があるでしょう。

がん保険とは

がん保険は、一般に通院 / 入院 / 手術 / 抗がん剤治療などに必要な費用を保障する保険です。

がんにかかったときの経済的負担に備えるためのがん保険を、多くの保険会社が販売しています。

さらに先進医療に必要な費用を保障する特約を付加することもできる商品もあります。

保障内容以外にも、保険料を抑えられる掛捨型や、貯蓄性を備えた積立型もあり、多くの選択肢があります。

保険商品によってはプランが複雑でわかりづらい

保険商品によっては保障内容が充実している反面、プランごとの保険料保険金の違い、特約付帯の有無など様々な選択肢があるためわかりづらく、悩んでしまうことがあります。

そこで以下では、保険金を契約者でわりかんして助け合うjustInCaseのわりかん保険をご紹介します。

わりかん保険の仕組みは従来の保険と異なり、保険料はゼロ円からという特長があります。

なお、以降の文章で保険料と保険金がわかりづらくなるため、用語の説明をします。
保険料: お客さまが保険会社に支払う金額です
保険金: 事故や病気にあわれたさいに、保険会社がお客様に支払う金額です


PR:保険料0円からのがん保険保険をご存知ご存知ですか? わりかん がん保険

わりかん がん保険の特徴

わりかん がん保険とは、がんになった人の保険金を保険金請求者以外の契約者全員でわりかんして、あとから支払うという、新しいタイプの保険です。

保険期間は1年のみとなっており、満20歳以上満74歳以下の方が契約可能です。

申込時にプランの選択がないのでシンプル

わりかん がん保険にはプランが1つのため、申込時にどのプランにしようか悩むということがありません。

告知事項選択画面もはい / いいえを選択するだけで簡単に申込みできるのが特徴です。

ゼロ円からの保険料の参考例

わりかん がん保険の保険料の参考例をご紹介します。

■保険料

満年齢 男女共通
20-39 0円 ~ 500円
40-54 0円 ~ 990円
55-74 0円 ~ 3,190円

ある月のお客さまがお支払いする保険料の金額は加入時ではなく、前月の保険金の請求額の合計に応じて決定します。

なお保険料は保険金請求金額合計と契約者数により変動しますが、上記の月額保険料の上限を超えることはありません。

わりかん がん保険の保障内容

わりかん がん保険の保障内容をご紹介します。

がん診断一時金

被保険者が「がん」または「上皮内がん」と診断されたら、一時金80万円を受け取れます。

ただし、がん診断一時金は保険期間の開始日から2ヶ月間は保障の対象外です。

がんの治療費は80万円で足りるのか

がんの種類や状態にもよりますが、がんの手術療法の場合、聖路加国際病院が公表しているがん手術の治療費の目安によると、がんの種別にもよりますが。公的医療保険が適用され(3割負担の場合)治療費は概ね80万円以内に収まります。

対象疾患 手術費用
胃がん 約500,000円
大腸がん 約400,000円
子宮がん 約400,000円
乳がん 約270,000円
肺がん 約600,000円

また、ひと月で治療費の合計が一定金額を超えた場合には高額療養費制度による払い戻しが受けられます。

死亡保険金

被保険者がお亡くなりになった場合、年齢と性別に応じて5万円 ~ 300万円の死亡保険金を受け取れます。

なお、がん診断一時金もしくは死亡保険金を1度でも受け取ると契約は自動的に終了します。

まとめ

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

多くの保険会社からがん保険が販売されていますが、商品によっては保障内容が充実している反面、プランが条件や年齢ごとに複雑であったり、保険料が高額なことがあります。

一方わりかん がん保険は、契約者の中で誰も保険金を請求しなければ、保険料はゼロ円で、がんになったら80万円お支払いというシンプルな内容です。

わりかん がん保険は、以下のリンクから簡単にお申し込みいただけます。

保険料0円からのわりかん がん保険


わりかん がん保険

わりかん がん保険とは

がんになった人に80万円の保険金をお支払いし、保険金を加入者同士でわりかんするがん保険です。

みんな元気なら保険料は0円

誰も保険金を請求しなければ保険料はずっと0円。加入しているにも関わらず保険料を支払う必要がありません。

安心の保険料

保険料が発生しても20〜39歳の方であれば最大でも500円。ワンコインで誰かの力になれます。

保険料の見える化

先月がんになった人の人数、お支払いした保険金の金額をお知らせし、保険料の見える化をします。

わりかん がん保険