fbpx
  • 2018.02.16

SIMフリーiPhoneをAppleで購入する前に知っておきたいこと

iPhoneSIM

この記事は2018.11.30に内容を更新いたしました。

sim_free_iphone

iPhoneを買うにあたっての新しい選択肢、「SIMフリーiPhone」について購入前に知っておきたい情報をまとめました。

 

数年前までは、iPhoneは大手キャリアからしか購入できませんでした。今ではいくつかの新品購入方法があり、中古やMVNO、SIMフリーで購入することもできます。

 

選択の自由が増えれば利用者にとってはメリットですが、反面、多くの選択肢から最善のものを選ぶのは大変になります。結局今までの王道パターン、大手キャリアから購入するという方が大半かもしれません。とは言えキャリアで購入すると24ヶ月など長い間機種代金を支払う必要が発生します。

 

この記事では、そんな長期間機種代金を支払うのがいや、他の購入方法を考えたいと言った方のために

 

SIMフリーiPhoneの購入と比較・検討結果

SIMフリーiPhone購入時におすすめの補償

 

を紹介します。

 

1.SIMフリーiPhoneとそのメリット

SIMフリーと叫ばれて久しい昨今ですが、そのメリットとはいったい何でしょうか。いまいちな方もいらっしゃると思いますので、そこから深掘りしていきます。

 

SIMなしiPhone

 

SIMフリー端末とは、簡単に言うと、通信キャリアの縛りがない端末です。通信キャリアの縛りとは、ドコモ、softbank、au各キャリアでしか使えないように制限することで、端末と通信キャリアをセットにすることです。日本は、iPhone登場前からこのスタイルだったため、その制限に驚くことはむしろ少ないかもしれません。

 

現在ではこの制限(いわゆる、SIMロック)の解除が義務付けられ、好きな通信キャリアを好きな端末で使えるようになりました。

 

参考リンク

ドコモ:SIMロック解除の手続き
softbank:ソフトバンクの携帯電話を他社で利用する/SIMロック解除
au:SIMロック解除のお手続き

 

※契約中は無料でSIMロック解除できますが、各キャリアとの契約解除後の場合は解除料金が発生します。

 

なのでSIMフリーiPhoneに乗り換えた場合、MVNOなどキャリアに縛られずにスマホを運用することできるので、毎月のランニングコストを見直すことができ、また通信キャリアの縛りがないため、海外に行って現地のSIMを購入して挿して使うこともできます

 

2.大手キャリアでのiPhone購入(iPhone8 64GBの場合)

アップルと各キャリア

まずは、一括購入がいくらなのかを確認してみましょう。

販売元 値段(税込)
Apple 85,104円
ドコモ 88,776円
au 91,440円
ソフトバンク 94,320円

一括での比較は、AppleでのSIMフリーiPhone購入が一番安いのがわかります。大手キャリアの中ではドコモが安いですね。

 

iPhoneもシリーズを重ねるたびに単価が1万以上上昇中で、今は10万円以上するものが主流になってきています。そうなると、車の購入と同じでローン(割賦)で購入する人も増えてきています。大手キャリアとしても、割賦契約でランニングコストを実質拘束できるため、割賦での月額料金の手軽さを前面に出して販売しています。

 

新規、割賦24回購入での実質料金比較。

販売元 月のコスト ローン名
Apple 3,700円/月 Orico5%ローン利用時
ドコモ 1,296円/月 月々サポート適用
au 1,140円/月 毎月割適用
ソフトバンク 720円/月 月月割適用

Apple含めて、一般的な利用方法での比較はソフトバンクが一番安く使えるようです。auとソフトバンクは、48回払いという割賦も始めています。4年間。。。
4年間の使用を想定というわけではなく、月々の料金を抑えるための見せ方の1つとしての提供方法かもしれません。

 

参考元:
Apple
ドコモ
au
ソフトバンク

 

キャリアで契約すると本体の月々の費用は安いですが、通信費などで結局高くなる場合があります。

 

3.大手キャリアで購入したiPhoneはSIMロック解除が出来るのか

では大手キャリアで購入した場合でもSIMロック解除は出来るのでしょうか。各キャリアで条件が違ったり、すぐには解除できなかったりしますが可能です。もっとも、上記のような割引サービスが適用されなくなることが多いため、割賦購入して途中からSIMロック解除する場合には注意が必要です。

 

参考リンク:SIMロック解除の方法

 

4.中古でSIMフリーiPhoneを買うときのメリットと注意点

まずは、安く買えるということが大きなメリットです。特に、新機種が出た直後に中古市場、特にフリマアプリは価格が変動しますので狙い目です。

 

 

各社の格安SIMを使う可能性がある場合は、ドコモiPhoneなどSIMロック状態の中古端末を購入するよりは、SIMフリーのiPhoneを予め購入するほうが後で困ることがありません。

 

ただ、特に個人間での購入の場合には以下の点に注意したほうがいいです。

 

SIMフリーであることを事前に確認してください。

前の利用者しかロック解除が出来ない場合があり、購入後にSIMフリーでなかったことが判明すると大変です。

 

白ロムであることを確認してください。

割賦金が残っているなどの端末を購入しても、自由に使用できません。購入してからの発覚では、半ば詐欺被害のように諦めるしかない場合もありますので、事前の確認が絶対に必要です。

 

5.中古やSIMフリーiPhoneの一番の問題点。AppleCare+ for iPhoneといった保証サービスに加入できない!

上記注意点に加え、中古iPhoneを使用するにあたり一番の問題点があります。それは「AppleCare+ for iPhone」に加入できないことです。

 

5-1.AppleCare+ for iPhoneとは?

 

すべてのiPhoneには、製品購入後1年間のハードウェア製品限定保証と90日間の無償電話サポートがついています。AppleCare+ for iPhoneに加入すると、保証とサポートがiPhoneの購入日から2年間に延長されます。さらに、過失や事故による損傷に対する修理などのサービスを、画面の損傷は1回につき3,400円(税別)、そのほかの損傷は1回につき11,800円(税別)のサービス料で2回まで受けることができます。Appleの専任スペシャリストにチャットまたは電話で優先的に問い合わせることもできます。(Apple日本公式サイトAppleCare+より引用)

 

なぜ加入できないのか。それは

AppleCare+は新しいiPhoneと同時に購入するか、iPhoneの購入日から30日以内に以下の方法で購入してください。(Apple日本公式サイトAppleCare+より引用)

と言った理由をAppleが定めているからです。2018年8月15日時点でApple公式のiPhoneXの画面割れ修理が31,800円、その他の場合で60,800円、2018年9月18日時点でiPhone XS Maxは画面割れ修理が37,400円、その他の場合は67,400円の修理費用が発生します。

 

5-2.ドコモ、softbank、auなどキャリア独自の保障サービスもやってはいる、が・・・

各社ともAppleCare+ for iPhoneと同様に申込み時期が限定されています。auに至っては購入時のみとなっています。

 

AppleCare+ for iPhoneと各キャリア保障サービスの詳細は以下の記事をご覧ください。

 

6.justInCaseのスマホ保険なら中古やSIMフリーiPhoneでも補償対象!

6-1.中古やSIMフリーiPhoneでも保険に申込み可能です!

スマホ保険_中古やSIMフリーもOK

メルカリやヤフオクで買ったスマホ、友達から譲ってもらったスマホも申込み可能です。さらにAppleCare+ for iPhoneやキャリアではできない、「機種変時の補償の引継ぎ」が可能です。

 

6-2.画面割れ、故障、水濡れの修理費用、さらに盗難紛失まで保険金を補償します。

 

※バッテリー交換や経年劣化は対象外です。

 

6-3.Apple公式修理店舗じゃなくても修理可能。お出かけ先のどこでも修理ができます。

旅行中や仕事中にうっかり落として壊れても、どこでも修理可能です。

 

6-4.申込みもアプリで完結。90秒で申込みできるのでとってもカンタン

justInCaseのスマホ保険はアプリから申込むので、アプリをインストールするだけです。「保険と言えば紙」はもう古くなりました。

 

さらに詳しくはこちらから:スマホ保険

 

7.まとめ

SIMフリーiPhoneを購入するのであれば、Appleで新品一括購入するのが一番安く収まります。ローンを組んで分割購入もできますので、Appleで購入し好きなSIMで利用する、という方法もオススメです。大手キャリアだと毎月のランニングコストが高くなるため、Apple購入が得することもあります。

 

ただし中古で購入する場合はApple公式の保険が対象外となりますので、壊したときに高い修理費用が発生する場合があります。壊れても安心できるよう、スマホ保険の導入を検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

合わせて読みたい

justInCase / そのスマホ、画面が割れる前に。