• 2018.02.16

いまさら聞けない!iPhoneのここがいいところ10選。(その1)

iPhone

この記事は2018.09.11に内容を更新いたしました。

こちらの記事は、iPhoneにしようか悩んでいる人、iPhoneを使っているけどAndoroidなどに乗り換えようか悩んでいる人などを対象に、実はiPhoneのここがいい!と思えるところを記事にしています。

iPhoneとスマートフォンは別、と誤解している人もいるようですが、iPhoneはiOSを使ったスマートフォンです。
これに対し、Android OSを使ったAndroid端末のスマートフォンがあります。
どちらも、スマートフォンには変わりありません。

Android OSは、こちらのサイトなどを見ると、スマートフォン用OS としては世界シェア1位のようです。ただし日本国内で見た場合にはそのシェアは逆転しており、iPhone利用者の方が多くなっています。利用者が多いと操作・不具合・裏技などの情報量も多いというメリットがあります。

iPhoneだとなにがいいのか10選にして、まとめてみました。
特にメリットだと思うものを1から順に並べています。

1.中古市場で高く売ることが出来る。

まずは、なんといっても、知らないようでとても重要なこの部分。これを知るとiPhone以外は考えられなくなってしまうかもしれません。

世界市場で強いと言われるAndroid OS搭載スマートフォンは、多様なメーカーがひしめき合って計画・製造が短期間で行われています。iPhoneは1年に1回新商品が発売されるのが恒例化してきていますが、これがAndroid OSスマートフォンの場合は、1年に何機種もそれぞれシリーズ化して発売されたりしています。

こと日本においては、iPhone自体に絶対的なブランド力があり、国内利用率(シェア率)も高いため、中古市場でも極端な下落もなく販売・下取りされて流通しています。

具体的な例で比較してみましょう。(税込み、実質は24回払い端末負担金相当。買い取り・中古はドコモ)
(いずれもアクセス日時は2018年1月14日)

iPhone7 32GB iPhone8 64GB iPhone X 64GB
ドコモ
(新規・実質)
10,368円 31,104円 68,040円
au
(新規・実質)
32,400円 45,720円 64,080円
ソフトバンク
(新規・実質)
10,800円 17,280円 54,000円
Apple 66,744円 85,104円 121,824円
ソフマップ
(買い取り)
26,000円 42,000円 65,000円
ソフマップ
(中古販売)
52,898円
ゲオ
(買い取り)
30,000円 50,000円 75,000円
ゲオ
(中古販売)
54,449円 64,385円

ドコモ:https://www.mydocomo.com/onlineshop/products/iphone/index.html
au:http://onlineshop.au.com/disp/CSfDispListPage_006.jsp?dispNo=001012&bid=we-ipo-2017-3101
ソフトバンク:https://www.softbank.jp/mobile/iphone/iphone-7/?agncyId=sbm
Apple:https://www.apple.com/jp/iphone/
ソフマップ買い取り:https://www.sofmap.com/tenpo/contents/?id=iphone&sid=search
ソフマップ中古販売:https://www.sofmap.com/product_list.aspx?gid=UD35000000
ゲオ(買い取り):https://buy.geo-mobile.jp/
ゲオ(中古販売):https://ec.geo-online.co.jp/shop/c/c122010/

電化製品などは購入した時点で半値になるともと言われますが、iPhoneは販売開始から年数が経っていても極端な下落もなく、安心して買い取りに出せますね。また、新しい機種に買い換えるときにも、下取り代金を購入費用に充てることができます。

2.全て復元することが出来る。

クラウドサービスのiCloudにバックアップすることも、PCにつないでiTunesにバックアップを取ることも可能です。定期的にバックアップすることで、iPhoneを以前の状態に簡単に復元できます。

iPhoneの復元がすごいのは、待ち受け画面はもちろん、フォルダ管理されているホーム画面も同じ状態に復元してくれるところです。(具体的な復元方法はこちら。)

Androidでは、ここまで忠実に復元してくれるサービスはなかなかありません。
同一メーカーであれば、独自ソフトウェアなどで忠実な復元が可能な場合があります。

3.ケース類などが豊富・安価で買える。

こちらを1番に考える方もいるかも知れません。

世界的に見た同一機種での流通量は、iPhoneはAndroid端末の比ではありません。
Android端末もシェアは高いですが、各メーカー多機種のラインナップで打倒iPhone!状態で、販売価格帯などの棲み分けでシェア獲得しています。

欲しいスマホケースがあっても、Android端末でなおかつ国内メーカーだと絶望的なことがあります。キャラクター・ブランド関連品でAndroid端末のみ対応、ということはほぼ皆無です。

選りすぐりのスマホケースで毎日気分を高めたい!など、スマホケースなどの重要度が高い人にとっては断然iPhoneがオススメです。

例えば、ルイヴィトンなども、スマホケースは、iPhoneのみの提供です。

4.国内シェアが高いため、使い方など情報量が豊富。

使い方に困った、なんだか調子悪いな、このアプリの簡単なバックアップ方法はないかな、などのiPhoneスゴワザ情報は、豊富なのは間違いありません。

オススメアプリや便利な機能に至るまで、情報の宝庫です。キャリア自体もFAQで積極的に情報提供している点も、購入した後も安心して使える印象を持てますね。

(例)au よくあるご質問

その2へ続く)

justInCase / そのスマホ、画面が割れる前に。