fbpx
  • 2018.07.19

スマホ保険の安全スコア、ワースト一位になってみたい

iPhoneスマホ保険修理故障

この記事は2018.11.08に内容を更新いたしました。

当社の保険商品のラインナップである「スマホ保険」。スマホ保険とはスマホが画面割れなどの修理に使える、キャリアが提供する保険より安く加入できる保険である。スマホにアプリをインストールして申し込むだけでOK、というThe今どきなアプリ、というか保険というか。

 

さらにスマホの利用状況を計測し、当社独自AIが自動的に安全スコアを算出。それに従い毎月の保険料が割引されていくというのが特徴。

 

 

 

 

・・・ホントかな?

 

 

 

どうにかしてワースト一位取ってみれないかな?そこで今回は1日振り続けたら安全スコアがどれほど下がるかやってみた。

 

 

安全スコアってなんですか?はこちらで紹介!

 

以下にルールを制定。

10時から18時の間iphoneを振り続ける。

トイレ時は振らないこととする。(振れないし)

一時間ごとにiphoneのヘルスケアアプリで計測。

振った回数はヘルスケアの歩数を振った回数としてカウントする。

 

2018年7月12日 孤独の10時―

というわけで朝10時に来たのにいきなり誰もいないっていう…

 


明日10時からね!って言ったのに

 

でも10時からやらないと意味ないしなあと思いオフィスの外で振り始める。

 

はたから見るとやばい人なのでこっそり自撮り

 

justInCaseはシェアオフィスの一角の部屋なので鍵がないと入れない。10時には誰かいるだろうと思った自分がそもそも間違いだった。仕方なくひっそりと携帯を振ることに。なんとなくこの先が不安になる展開。

 

計測結果

一時間で2,254振り

 

えーと、いい記録なのか悪い記録なのかよくわからないけど今後の基準となる数字ではある。

 

はじめましての11時―

コツコツスマホを振っていて気付いたら部屋が空いてた。

あれ、気付いたら電気付いてるじゃん

 

総務の浅沼さんが来てた。

 

浅沼さん。本人希望により遠くから。実はこの日がはじめまして

 

よかった。これで外でiphone振ってる変な人をやめられるぞ。

安心してオフィスでiphoneを振りまくる筆者

 

ここで誤算が判明したのだが、iphoneを振りながら他のことができない。やっとオフィスに入って仕事もできるかなーと思ったけど、思ってた以上に仕事がはかどらない。iphoneを振るってこんなに集中力が必要なんだと気付く。仕事中や作業中にiphoneを振っちゃいけない。

 

1,846振り。まあこんなものかな?

 

※実は12時など時間の区切りで計測後、時間を置いて見てみると数値が増えることがわかったのであとから写真を撮ってます。

 

誰も気にしなくなる12時―

那須川さんが出社。「本当にやってんだ(笑)」

 

企画出したじゃないですか・・・見てないのかな。

 

誰も気にしなくなってきた

 

だいたい人生でこんなに振ることってないんじゃないだろうか。バーテンダーさんだってこんなに連続しては振らないだろう。パーカッショニストもシェイカーを1日振らないはず。この企画どうにかしてるなとしみじみ思う。

 

12時台は2,275振り。ハイスコア更新

 

 

 

お昼ご飯の13時―

さすがにお腹も空いてきたので昼食に。オフィスは2階にあって1階にはLIFULL Tableというレストランがあるのでそこで食べようと。

 

なにこのおしゃれ空間

 

おしゃメニュー

 

おしゃ飯。さんまの生姜煮とかいろいろ

 

LIFULL関係者は600円〜700円で食べれる。

 

ちなみに昼食時はiphoneは振ってない。振ろうと思ったけどさすがに食べれなかった・・・

 

戻って頑張って1,619振り!

 

人が揃い始める14時―

渡辺さん出社

 

サクサクの間にレーズンとクリームがはさまってるやつ。

 

渡辺さん宛のお菓子があったのでみんなで食べる。iphone振りは止まらない。4時間たつと効率のいい振り方もだいぶ見えてきた。ここでiphoneの振り方tipsを皆さんに紹介。

 

まずNGな振り方

これはだめ。絶対にやっちゃだめな振り方。握って腕で振るのはすごい消耗するから。

 

OKな振り方

 

おすすめは自分の手をiphoneホルダーとみたてるんです。

小指は薬指に添えるか、あえてフリーにするのがポイント。

 

手首の回転だけで振る。洗濯機をイメージしてください。あとドアノブをガチャガチャするイメージもあり。

 

横からの図

手首は自然な状態で振ろう!

 

人は工夫の生き物とはよく言ったものだ。いかに疲れず、最小限の手間、最大効率でiphone を振るか。現在世界人口は70億人程らしいが、iphoneを振るという動作を工夫し、洗濯機やドアノブをイメージして振る人間はきっと今までもこれからも自分だけだと思う。そう思うとなかなか感慨深いことである。

 

畑さん出社

 

「え?本当にやってんの?そもそもモーション設定ちゃんとしてんの?」

「動画録ってあげるよ!」

 

やっぱりやばい人にしか見えない

 

一通りいじったのでこっちに興味をなくす

 

ちょっと飽きてきたのでオフィスを紹介

だいぶ飽きてきたのでオフィスを紹介。そもそもどんなとこで働いてるのか?

外。不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME’S」を運営するLIFULLさんのビルなのでよく見ると入り口にはホームズ君がいる。

 

エントランスにはペッパー君。ペッパー君、そっぽ向かないで。

 

2階のシェアオフィス入り口。おしゃれですね。などやってたら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

移動中に落として画面を割った・・・

 

なんとなく落とすんじゃないかなとは思ってたんだよね。だって1日中振ってるし。

 

しかし参った。iphone振ってたら落としたんですけど保険金請求していい?って聞きづらい。故意に落としたわけじゃないけど半分故意みたいなもんだもの。でも頑張って言わなきゃ・・・

 

 

筆者「(小声で)あ、あのー畑さん・・・実は、そのー、ス、スマホを、スマホをですね・・・お、落と」

 

 

マジで入っていてよかったです。

 

 

 

 

 

 

 

畑「あーあ。アプリ新しくしてから保険使う人始めてだよ(笑)」

※関東財務局登録の関係で旧アプリと新アプリが存在してる。旧アプリは使えないからインストールしてる人は新アプリで契約しなおしてね!

 

怒られなくてよかった・・・内心ドキドキしてた・・・しかし安全スコアワースト一位を取るつもりがスマホ保険初めての保険金請求者になってしまった・・・

 

1,896振り。画面割れが哀愁を誘う

 

無心の15時―

ただ無心に振る。

 

あれ!?まさかの937振り!?画面割れによる精神的なショックか・・・

 

すっかり写真を取り忘れてた16時―

1,290振り。ぼーっとして振ってたので写真がない・・・

 

いよいよゴールの17時―

疲れがピークに。いやもうほんときついよ?iphone振るって大変なんだよ?いくら最小限とは言え10時から振ってたらそら疲れるよ。

 

心のチャージのために明日のジョーをこっそり見る。西のパンチに倒れるジョー。

 

ああ・・・

 

 

あ・・・

 

 

・・・

 

2,299振り!最後にがんばって終わりました!!

 

というわけで合計は13,479振り!すごいのかすごくないのかよくわからない記録だ。翌日の安全スコア発表に向けてこの日は終わり。

 

疲れてテンションが

 

iPhone振りすぎて疲れるし、壊れるし散々な一日でした・・・

 

 

翌日。安全スコア、計測します!

すっごく腕がだるい。そりゃそうだ。1日振ってたんだもの。普通の会社だったら「1日iphone振る仕事しますね」とか言えない。誰も何も言わない当社は懐が深いのか、気にしてないのか・・・

 

すげー楽しそう

 

じゃあ結果発表です!

えーっと、あれ?

 

49・・・?

 

 

畑「え、すっごい普通なんだけど。」

那須川「普通だね(笑)」

 

1日振り続けてiphoneの画面も割れて結果もぱっとしなくて微妙な顔の筆者

 

筆者「スコア平均っていくつなんですか?」

畑「平均50かな。」

筆者「・・・」

 

那須川「挙動がおかしいってAIに判断されて変な人カテゴリーに仕分けされたのかも」

 

おいおいそんな仕分けあるのか。それ早く言ってくださいよ。必死にiphoneを振った1日はなんだったんだ。すごく残念だけど・・・それはそれで優秀なAIだ。なあところでAIよ、キミがデータ上の存在だとは知っている。だけどおれのためにも空気読んで「今日だけッスよ!」みたいなノリで低いスコアつけてくれてもよかったんじゃないか。そういうほどよいゆるさとさじ加減もこれからのAIには必要なんじゃないのか。AIよ、ああAIよ、AIよ・・・

 

修理もちゃっかりする

そんなことをやってると全国で展開しているiphone出張修理のあいりぺの河合さんが到着。実は昨日のうちに修理依頼をだしておいた。

 

暑い中ありがとうございます

 

依頼者のライフスタイルに合わせて来てくれるそうで、自宅ではなくカフェや飲食店、会議室など小さなテーブルがあればどこでも修理してくれる。今回はLIFULLシェアオフィス内のテーブルで修理してもらうことに。

 

バッグひとつで修理に来てくれる。これでほとんど対応できるそう

 

なんで壊したんですか?との問いに1日振ってたら落としたと伝えると

「え?1日振ってたの?」

 

そりゃそうなる。

 

話しつつあれよあれよと解体していき

丸裸になる筆者のiphone

 

なんだろう。Iphoneが解体されていくごとになんとなく羞恥心を感じるのは気のせいなのか。これはそうか、毎日肌身離さず持ち歩く存在であるiphone・・・目で画面を見て、耳で通話して、触覚(バイブレーション)で通知を知る。場合によっては振るiphone。人体の器官をあますことなく使うスマホである。あ、でも嗅覚は使わないか。まあいいか。スマホはもはやただのスマホではなく体の一部と感じるからなのかもしれない。

 

とか考えてる間に30分程で組み立て完了。

 

目の前で修理してくれて一緒に動作確認もしてくれるので安心感がすごい

 

フロントカメラのチェックも行う。

奥のぬいぐるみと手前の男二人のギャップよ

 

無事修理も終了。ありがとうございました。

 

株式会社あいりぺ
http://www.irepairs-lab.com
webからのお申込みが可能だし一番簡単です。

 

 

本当に入っていてよかったスマホ保険

 

 

修理も終わったので保険金請求をしてみた。

サクッと保険金を請求できるのでこちらの動画を是非。

左目が小さいよね
詳細は【請求もアプリで完結】スマホ保険の請求方法紹介をご覧ください。

 

 

 

終わりに

 

安全スコアのワースト一位を取るつもりが、オフィスを紹介して落として画面を割って平均点しか取れなくて修理してとなんだか盛り沢山な記事なったわけだが、スマホ保険の安全スコアを計測するAIは優秀であることが判明した。変な挙動する人はもれなく変な人カテゴリーに仕分けされてしまうらしい。

 

これは日夜稼働しているエンジニアチームの努力の賜物である他ならない。日々改修とアップデートありがとうございます。できたらAIにほどよいさじ加減の気の使い方を教えてあげてください。

 

 

ところでチカさん(公式ツイッターアカウントの中の人)、どんだけはしゃいだらそんな低いスコア取れるんですか?僕1日振って49なんですけど・・・(木庭)

 

justInCase / そのスマホ、画面が割れる前に。