米国のP2P保険会社であるLemonadeがドイツに進出

ソフトバンクに出資されたLemonade (https://www.lemonade.de)は、2019年6月にドイツに進出し、海外展開をはじめました。ヨーロッパでP2P仕組みを活用するフルスタック型insurtech企業先駆者としてLemonadeの今後の発展、さらにヨーロッパの既存のinsurtechライバルの対応が注目されています。

海外展開を始めたLemonadeの保険

2015年に設立されたアメリカのinsurtech企業のLemonadeは2019年6月に海外展開をはじめ、ドイツに進出しました[1]。保険商品の開発から販売まで自社で行うフルスタック型insurtech企業として家財保険を提供しています

Lemonadeは開業の以来、P2P(peer-to-peer)保険の先駆者として注目されています。しかも、保険金支払は最新技術を使い、損害内容をチャットボットで入力、事情を説明する動画をアップロードすることにより、最短3分で支払の確定ができる特色は魅力的です。契約者数は2016年の96人から、2018年に25万人を超えました。

2019年4月にソフトバンクが二度に渡りLemonadeに出資したことが発表されました。調達資金の用途はヨーロッパをはじめ海外進出のためです[2]。

以下、同社のP2P保険の仕組みを簡単に説明します。まず、保険料の20%はLemonadeの運営費、次の約20%は再保険の手配、さらに自家再保険、いわゆるリスクバッファーとして約20%、余る約40%はGivebackプールとなります。保険金を支払わなければ、Givebackプールは契約者にキャッシュバックされなく、契約者が選択したチャリティーが行われます。つまり、P2Pと社会貢献を組み合わせる保険とは言えます。

なぜ初の海外進出はドイツから?

Lemonadeはヨーロッパ連合の28国(以下、「EU」)に開業の保険免許を取得しました。EUでは、ドイツのinsurtech企業数が一番多く、One Insurance, Coyaなどの類似フルスタック型会社が活躍しています[3]。さらに、2010年に設立されたFriendsuranceは、P2P仕組みを立ち上げ、保険ブローカーとしての事業を拡大しつつあります。このように競争が激化しているドイツ市場ですが、Lemonadeは、P2Pビジネスモデルとチャットボットなどの最新技術などの競合優位性により、EU市場に定着するであろうと考えています。

ドイツに初めて発足したPolicy 2.0って?

Policy 2.0は簡略化された電子契約書です。約40ページほどの契約書の中に、保険料、保障範囲、保障金額などの重要な内容を簡単な言葉でまとめ、4ページに収まっています。Policy 2.0をローンチするのはアメリカで依然として規制当局に承認されていません一方で、ドイツで進めました。

詳細:https://www.lemonade.com/de/en/policy-two

ドイツのフルスタック型insurtech企業の比較

Lemonade、One Insurance (https://www.one-insurance.com/)、Coya (https://coya.com/)三つの家財保険を販売しているフルスタック型insurtech企業を比べます。LemonadeとOne Insuranceもチャットボットの形式で顧客と対話するように情報を求めます。Coyaは簡単なアンケートで情報を収集すると共に、ライブチャットで顧客からの問い合わせに即座に対応します。

Lemonadeのアプリで、Mayaさんと呼ばれるAIアシスタントと対話するかのように、保険加入手続きを行います。One Insuranceのアプリで、AIアシスタントからの保険加入に関する質問を答えます。Coyaのアンケートを答える際に、右下の合図でライブチャットに繋げます。

無論、スマホやパソコンで上記保険会社の商品はどちらも購入できますが、Coyaはただアプリサービスを提供しているだけではありません。

まとめ

上記保険会社の提供している商品自体には大きな違いはありません。ですから、新たなサービスや顧客体験の提供が、競合優位の源泉となると見込まれます。世界レベルで、Insurtech企業同士の競争が激化している今こそ、それぞれの企業には、最新技術の活用、より斬新な保険サービスの提供が求められています。

引用元:
[1] https://www.businesswire.com/news/home/20190611005538/en/Lemonade-Launches-Europe
[2] https://tcrn.ch/2UdXKoQ
[3] https://www.carriermanagement.com/features/2019/04/29/192591.htm

AUTHOR著者
Elaine Tung/ イレイン

香港出身。外資系金融ソリューション会社に顧客担当として従事後、保険業界へ転身し、戦略企画や市場動向分析などに携わった。東京の日本語学校に留学しその後justInCaseに参画。趣味は、音楽鑑賞、旅行、筋トレ。CFA協会認定証券アナリスト。PRINCE2プロジェクトマネジメント プラクティショナー。
Get justInCase
あなたのスマホ、補償ありますか?