fbpx
  • 2018.01.13

iPhone機種変更でのデータの移し方

iPhoneスマホ保険

この記事は2018.10.31に内容を更新いたしました。

こちらは、iPhoneからiPhoneへ機種変更する際に必要な情報をまとめた記事ですので、初めてiPhoneを機種変更する人、しばらく機種変更していなくて、数年ぶりにiPhoneを新しくする人、そのような方が参考になるよう情報をまとめています。
iPhoneでのデータ移行には、いくつか方法があり、Wi-Fiを使った、iCloudでバックアップする方法やコンピューターを使ったiTunesでバックアップする方法があります。今回は、コンピュータを使ったiTunesの方法をご紹介します。
その後、特に人気というか必須アプリになっているLINEのデータ移行についてもご紹介しますので、参考になればと思います。
 

移行前に必ず必要なID/PWの整理

データ移行するにあたって、必ず必要なIDと。書き記した紙やメモ自体がなくなるのは、よくある話しですよね。iPhoneにもIDとパスワードがあります。特にApple IDのメールアドレスとパスワードがとても大切です。これがないと、機種変更が出来ません。それ以外にも、端末に依存するようなゲームアプリやメッセンジャー(特にLINE)などは、生活必需アイテムにもなっていますので、よく理解して、備えましょう。

Apple ID(=メールアドレス)の確認方法は、3つご紹介します。

  1. 設定アプリ内の[iCloud]で確認する。
  2. 設定画面、iTunes Store/App Storeで確認する。
  3. Apple公式サイトで検索する。
    Appleでは、Apple IDの情報を管理するためのApple IDアカウント管理ページを用意しています。このページでメールアドレスなどを入力すると、そのメールアドレスがApple IDとして使われているかどうかを検索できます。

引用元:http://appllio.com/ios-iforget-apple-id-iphone-ipad

 

iTunesでのデータ移行(コンピュータにデータ保管)

 

こちらの方法は、コンピュータを使ったデータ移行方法です。iTunesもiPhoneもアップデートされた状態でないと、データ移行が出来ないまたは、うまくいかない可能性がありますので、事前準備をしっかりしたうえで、データ移行をお試しください。

 

下記は、Appleの公式サイトからの手順です。手順は少ないですから、簡単です。

 

1.iTunes を開き、コンピュータにデバイスを接続します。
2.これらのデバイスのパスコードの入力を求めるメッセージや、「このコンピュータを信頼しますか?」というメッセージが表示された場合は、画面上の案内にそって操作します。パスコードを忘れた場合は、こちらの記事を参照してください。
3.iTunes に iPhone/iPad/iPod が表示されたら、それを選択します (詳しくはこちら)。iTunes にデバイスが表示されない場合の対処法については、こちらの記事を参照してください。
4.iOS デバイスまたは Apple Watch 上のヘルスケアとアクティビティのデータを保存しておく場合は、バックアップを暗号化する必要があります。「[デバイス] のバックアップを暗号化」というチェックボックスを選択し、覚えておけるパスワードを指定してください。ヘルスケアとアクティビティのデータを保存する必要がなければ、暗号化せずにバックアップを作成できます。そのまま「今すぐバックアップ」をクリックしてください。

※パスワードは書き留めるか安全な場所に保管してください。このパスワードがないと、iTunes バックアップから復元できなくなります。

 

5.処理が終わると、iTunes の「概要」画面でバックアップが正常に終わったか確認できます。「最新のバックアップ」の下で、日時を確認してください。

 

他にも、大手3キャリアからもバックアップ方法を掲載していますので、内容はほとんど変わりませんが、参考までに確認ください。

ドコモ:https://www.nttdocomo.co.jp/iphone/support/guide/backup/addressbook/fromiphone/itunes/

au:https://www.au.com/support/faq/view.k1391121060/

ソフトバンク:https://www.softbank.jp/mobile/support/iphone/data-itunes/

 

LINEのバックアップ方法

画像元:http://official-blog.line.me/ja/archives/72164855.html

 

初めてLINEをバックアップして、端末を変更する人は、必ず事前に登録することを強くオススメするのが、メールアドレス登録です。初期登録時に行った人は、そのメールアドレスを覚えているかどうかも重要です。これがないと、引き継げませんので、変更前端末で事前登録を忘れず行ったうえで、機種変するようにしてください。

画像元:https://help.line.me/line/?lang=ja

 

メールアドレス・パスワードの登録が完了して、アカウントの引継ぎが出来ます。

https://help.line.me/line/ios/?contentId=20000059

 

LINEがややこしいのは、これで全て引き継げると誤解を受けることです。引継ぎは、あくまでもアカウントの引継ぎのみ。それぞれのトーク履歴などは、一切引き継がれませんので、別途対策が必要です。
 

機種変するのは、いかに事前準備をするかが、大きなポイントです。最近のアプリは、端末に紐づくものもあり、端末を変更するとリセットされてしまったなんてこともよく聞く話しです。アプリごとにメールアドレスなどでログインしたかなんて覚えていませんよね。傾向としては、メールアドレスやfacebookなどでログインするタイプのアプリは、データを端末ではなく、クラウド上で保存することがありますので、メールアドレス・パスワードさえわかれば、データが保存されている可能性があります。でも、いちいち覚えていませんよね。。。

 

話をLINEに戻します。

 

LINE公式サイトから引継ぎ方法を紹介していますので、こちらを参考にしてください。

http://official-blog.line.me/ja/archives/53494977.html

 

トーク履歴のバックアップ・復元方法もLINE公式サイトにありますので、確認してみてください。

注意事項がいくつかありますが、スタンプ⋅画像⋅動画⋅音声メッセージは保存されません。

 
最近のバージョンでは、iCloudにバックアップする方法で解決出来ますので、とても簡単になっています。

 

動画での紹介もあります。

https://live.line.me/channels/2096498/broadcast/5600664

 

まとめ

iPhone機種変について、まとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

 

仕方なくデータ移行しなければいけないような水没で使えなくなったなどが起きないためにも、バックアップは、定期的に行うことをオススメします。今回の内容も、機種変する際には、必要な事項でしたが、大切な情報のやりとりをしている・思い出に残したいそんな人は、こまめにバックアップ出来る方法があることを利用して頂けると嬉しいです。

 

データ移行には、事前準備が大切(特にあらゆるメールアドレスとパスワード関連)です。万が一に備え、今すぐ機種変しない人も、これを機会にメールアドレス・パスワード関連の整理や見直しをしてみるのもよいのではないでしょうか。

 
合わせて読みたい

justInCase / そのスマホ、画面が割れる前に。