• 2019.05.09

【2019年版】iPhone8の背面ガラスが割れた場合の修理費用や修理方法まとめ

iPhone修理

この記事は2019.05.17に内容を更新いたしました。

iPhoneを使っている方の心配点として「画面割れ」が挙げられます。最近のiPhoneは前面も背面もガラスパネルでできており、落下や衝撃でガラスが割れてしまうケースも少なくありません。iPhone8の背面ガラスが割れた場合の修理方法や費用の情報をまとめました。ぜひ修理時の参考にしてください。

 

著者:木庭有基 Twitter@IXTConvoy
justInCaseマーケティング、スマホ保険プロダクトマネージャー。少額短期保険人募集資格保持。TVディレクター時代の構成台本作成、映像編集の経験からjustInCaseのブログ制作、映像制作を担当。東京都主催の東京金融賞2018都民ニーズ部門第一位受賞時の映像制作及びプロデュースも担当。

 

iPhone8の発売時期

iPhone8は2017年9月22日から発売が開始されました。発売当初ののカラーバリエーションはシルバー、ゴールド、スペースグレイの3色でしたが、翌年2018年の4月13日に新色としてレッドが追加されます。現在はレッドを加えた全4色展開です。

 

参照:iPhone8 Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/IPhone_8

 

iPhone8の特徴

次はiPhone8の特徴を紹介します。今までのモデルとの一番の違いは背面デザインです。前作のiPhone7と見た目はあまり変わりません。しかし、iPhone7と違い、前面と背面のすべてがガラスデザインに変更されました。背面もガラスパネルになることで、ワイヤレス給電規格のQiに対応し、ワイヤレス充電が可能になります。

 

参照:Apple公式サイト iPhoneのモデルを識別する
https://support.apple.com/ja-jp/HT201296

 

背面ガラスが割れやすい

背面がガラスパネルになり便利な機能が増えた反面、背面ガラスが割れる可能性が出てきました。背面ガラスの割れを防ぐためにも、保護ケースの装着が推奨されます。

 

背面ガラス割れたまとめ

 

割れたらときの応急処置はこれで行う

もしも、iPhone8の背面ガラスが割れてしまったらどのように対応すればいいのでしょうか?まず、ガラスが割れたままiPhoneを使い続けると、指をケガしたりひび割れが広がる可能性があります。そういった二次被害を防ぐためにもおすすめなのが「スマホの絆創膏」です。スマホの絆創膏は修理屋さんが考えた保護フィルムで、ガラス割れの応急措置として使用できます。特殊なフィルムで、手や頬へのケガを予防し、ひび割れの拡大を防ぐ効果があります。しかし、あくまでも応急措置なので、長期間の使用はおすすめできません。症状の悪化が見られたり、割れが激しい時には修理や買い替えを検討してください。

 

参照:Amazon スマホの絆創膏
https://www.amazon.co.jp/pitamo-スマホの絆創膏-汎用サイズ5-7インチまで/dp/B01E8NZOAU

 

iPhone8の背面ガラスの修理代は?

修理をする時に一番気になるのが修理代金です。Phone8の背面ガラスが割れた時はどのくらいの金額がかかるのでしょうか?

 

Apple公式の修理代は?

Appleには、公式の保険である「AppleCare+」が存在します。AppleCare+に加入していれば、画面割れなどでiPhoneが故障した際に、修理サポートが受けられます。この保険に加入しているかどうかで修理代金は大きく異なります。

  • AppleCare+なし 39,800円
  • AppleCare+あり 11,800円

AppleCare+に加入していれば、本体の修理は通常11800円で行えます。もしも保険に入っていなかった場合や補償対象外の場合には39800円と高額になります。本体価格が高くなっている影響から、修理代金もどんどん高額化しています。iPhoneを使っていて、「よく本体を落とす」という方はAppleCare+への加入をおすすめします。

 

参照:Apple iPhoneの修理サービス
https://support.apple.com/ja-jp/iphone/repair/service

 

ちなみに最新機種のiPhoneXS Maxの修理値段は?

先ほども述べた通り、iPhoneの本体価格はだんだんと高くなっています。現在の最新機種iPhoneXS Maxでは、一番安い本体価格が124800円です。ノートパソコンなどと変わらない金額です。そして、iPhoneXS Maxの修理代金はAppleCare+なしで67,800円もします。本体が高額なiPhoneほど修理代金も高くなるので、その分保険への加入が重要になります。

 

参照:Apple iPhoneの修理サービス
https://support.apple.com/ja-jp/iphone/repair/service

 

修理業者で背面ガラス割れを直したら

iPhoneの修理はApple公式以外に、各地域にあるiPhoneの修理業者でも行えます。Apple以外の修理業者で背面ガラス割れを修理したら、どれくらいの金額がかかるのでしょうか。

 

スマホスピタル

スマホスピタルでは、ガラスや液晶交換の修理が2パターンあります。ガラス割れが重度の場合には10,380円、軽度の場合には8,380円の修理代金がかかります。修理が重度と軽度のどちらになるのかは、来店してから確認してもらう必要があります。ただし、背面ガラスのみの交換に関するメニューは記載されていないので修理の見積もりが欲しい時には直接最寄りのショップに連絡しましょう。

参照:スマホスピタル iPhone8修理
https://smahospital.jp
/price_type_device/iphone/iphone-8/

ダイワンテレコム

ダイワンテレコム赤羽店では、背面ガラスの交換は19,800円で行われています。ただし、ダイワンテレコムは店舗や修理時期によって金額が変わってくる場合があります。こちらも修理前には最寄りのショップに見積もりを依頼してください。

 

参照:ダイワンテレコム公式ブログ
https://www.iphone-d.jp/store/akabane_store/news/15368.php?d_type=1

 

softbankのiPhone/iPad 修理時の最適な手続きシミュレーションサイトがおすすめ

また、SoftBankにはiPhone修理時におすすめのシミュレーションサイトがあります。加入中のサービスや機種などを入力すると、修理、交換、機種変更の中からお得な方法を教えてくれます。とても便利な機能なので、SoftBankユーザーの方はぜひ活用して下さい。

 

参照:SoftBank iPhone修理シミュレーション
https://www.softbank.jp/mobile/special/repair-apple/

 

どこで修理したらいい?

では、実際に修理を出す際にはどのような手続きをとるのでしょうか?Apple公式に修理に出す場合と、おすすめの一般修理業者に頼む場合を紹介します。

 

Apple公式の修理

最初にApple公式サイトから修理を申し込みしてください。公式サイトを使った修理申し込み方法は全部で3種類あります。

 

webからの修理申込み

web版Appleサポートから修理内容などを入力して受付をします。どこでもネットのみで申込みができる、時間帯を選ばず申込みができるのがメリットです。

 

 

参照:iPhoneの修理サポート
https://support.apple.com/ja-jp/iphone/repair/service

 

電話からの修理申込み

2つ目の方法は電話での申し込みです。Appleのサポートセンターへ電話をかければ、専門のスタッフに繋がります。PCでの操作に不安がある方、修理について質問がある方は電話での相談がおすすめです。しかし、時期や時間によっては混雑し、電話が繋がるまでに時間がかかる可能性があります。待ち時間を減らしたい場合には、電話の予約サービスも行っています。

 

 

サポートセンターの受付時間:平日午前9時から午後9時まで、土日祝日は午前9時から午後6時まで
サポートセンター電話番号:0120-27753-5

 

参照:Apple サポートや修理サービスに関するAppleへのお問い合わせ
https://support.apple.com/ja-jp/HT201232#asia

 

Appleサポートアプリからの修理申込み

修理を申し込む前にアプリをダウンロードして開きます。

Appleサポート
https://itunes.apple.com/jp/app/apple-サポート/id1130498044?mt=8
1.アプリを開くと最初に利用中の機種一覧が表示されます。一覧の中から修理したい機種を選択します。

 

2.次は、修理の内容を選択します。アプリ内にはたくさん故障内容が記載されているので、最も今の状態に近いものをタップで選びます。背面のガラス割れの場合は画面の一番下にある「背面ガラスのひび割れまたは分離」がおすすめです。

 

3.故障内容を選ぶと、それに適した修理方法が表示されます。自分に合った方法を選びましょう。

 

おすすめの一般の修理業者

次は、一般の修理業者へ修理に出す場合です。一般の修理業者の場合、各業者によって申し込み方法などが異なります。各ホームページにて最寄りのショップを検索し、問い合わせをしてください。おすすめの修理業者のホームページは以下の2つです。

 

スマホスピタル
https://smahospital.jp/

 

ダイワンテレコム
https://www.iphone-d.jp/

 

まとめ

今回はiPhone8の背面ガラスに関する修理方法や金額などの情報を紹介しました。iPhoneはどれだけ気をつけていても、使用頻度が高い分、故障や画面割れの可能性があります。極力、本体を守るために保護ケースなどの装着をおすすめします。また、修理代金は年々高額になる傾向にあります。「もしも」に備えて補償を受けられるAppleサポートへ加入しましょう。そして故障の際には今回紹介した修理方法を試してください。

合わせて読みたい

justInCase / そのスマホ、画面が割れる前に。