保険業界の新たな顧客体験の実現を担う「保険API®︎」

  • 2020年5月12日
  • 2020年5月18日
  • InsurTech
insuranceapi

近年様々な事業会社がInsurtech企業のAPIを通じて保険会社と連携し、お客様に新たな体験を提供しています。
この記事では、justInCaseTechnologiesの保険APIの詳細や活用事例について、また国内外Insurtech企業がリリースしているAPIシステム事例を紹介します。
なお、保険APIは株式会社justInCaseの登録商標です。

APIとは?

APIとは「Application Programming Interface」の略で、OS(基本ソフト)やアプリケーションソフト、あるいはウェブアプリケーションが、自ら持つ機能の一部を外部のアプリケーション(ソフトやウェブサービス)から簡単に利用できるようにするインターフェースのことを指します。
引用:コトバンク
多くの国内外Insurtech企業は、自社また提携保険会社のシステムと連携するAPIを公開し、多様なサービスに合わせる保険プラットフォームを開発しています。

justInCaseTechnologiesの保険API活用事例

第一生命:Snap Insurance

第一生命保険は、justInCaseTechnologiesの保険APIを活用し、Snap Insuranceというウェブアプリで1日レジャー保険を2019年8月から販売しています。
ウェブアプリ上では、チャット形式で保険加入から保険金請求までの手続きに対応しています。2回目以降の保険加入の時には、契約者の情報を再度求めずに手続きすることが可能です。
API_snap

Pontaカンタン保険

共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営するロイヤリティマーケティングは、justInCaseTechnologiesが持つ保険APIプラットフォームを活用し、Pontaポイントで加入できるスポーツ保険や自転車保険等の「Pontaかんたん保険」を2020年4月から提供しはじめました。
Ponta会員は、「Pontaかんたん保険」のウェブアプリ上で、保険の申し込み時にお客様情報の入力を省略でき、Pontaポイントでの支払いを選択することで手続きが完了します。
API_Ponta

justInCaseTechnologiesの保険APIについては、こちらからご覧いただけます。

国内の保険事業でのAPI活用事例

LINEほけん

LINEほけんは、損害保険ジャパンとLINE Financialが共同開発したLINEアプリを通し、少額短期保険を中心とした損害保険への加入から保険金請求までを完結できるサービスです。
LINEほけんは、LINEアプリ内のフォレットタブから「ほけん」を選択すると利用でき、専用のアプリをインストールする必要がありません。
LINEほけんの支払い方法は、LINE Payやクレジットカードが選べます。
API_LINE

ANAキャンセル保険「そらもよう」

全日本空輸ANAは、東京海上日動と業務提携しているInsurtech企業のSimplesuranceのAPIを活用し、キャンセル保険「そらもよう」をウェブサイトで販売しています。
キャンセル保険「そらもよう」は、悪天候による欠航の恐れ等の事由で予約を取消・払戻した場合の取消手数料や払戻手数料、また悪天候により搭乗予定便が欠航または6時間以上遅延となった場合の宿泊費用や食費等の追加費用を補償する保険です。
お客様は、ANAのウェブサイト上で航空券の購入完了または予約確認の画面からキャンセル保険「そらもよう」を申し込めます。
API_soramouyou

海外の保険事業でのAPI活用事例

MOVU:引越保険

スイスの引越し業者であるMOVUは、Insurtech企業のKaskoが開発したプラットフォームを活用することで、引越荷物に生じた破損等による損害を補償する保険の販売をウェブサイトに導入しました。
お客様は、MOVUのウェブサイトから引越サービスを予約する時に、補償を追加することができます。

expatrio:外国人向けの総合保険

ドイツのexpatrioは、ドイツへ留学または移住する外国人を対象に、ビザ有効期間に応じた毎月の引き出し限度額が設定されている閉鎖口座の開設等のサービスを提供するサイトです。
expatrioでは、Insurtech企業のELEMENTのテクノロジーにより、お客様が異なる保険会社がそれぞれ引き受ける健康保険や旅行保険等に加入でき、同時に閉鎖口座を開設することができるサービスを提供しています。
API_expatrio3

アクサXL:サイバー保険

保険会社であるアクサXLは、Insurtech会社のSlice Labsと連携し、中小企業向けのサイバー保険プラットフォームを共同開発し、不正アクセス等のサイバー攻撃によって生じた利益損害やサイバー事故対応費用等に関する補償を提供しています。
中小企業のお客様は、プラットフォーム上でサイバー保険加入に加え、サイバー攻撃のリスク診断サービスを利用し、自社の顧客の与信を管理することも可能です。
API_Slice

おわりに

保険業界でAPIの活用が増えているなか、justInCaseTechnologiesは積極的に保険会社や事業会社と連携し、よりよい顧客体験を提供していきます。

保険料ゼロ円からのがん保険をご存知ですか?

  • がんになったら80万円給付!
  • がんになった人の保険金をみんなでわりかん
  • 誰も請求しないと保険料の支払いはゼロ円
  • 毎月の保険料は最大でも500円(被保険者: 20-39歳の場合)

↓↓↓詳細は画像をクリック↓↓↓