AppleCare+ for iPhoneとキャリア独自保証の比較

apple docomo au softbank

2017年11月3日にiPhone Xが発売されました。iPhoneは人気が衰えることなく、日本で一番多く売れているスマートフォンです。ただ、1台12~14万円もする商品で、スマートフォンの中では非常に高額な価格設定になっています。壊れた時のことを想像するとゾっとしますね。いざという時のために保証は外せません。独自にAppleCare+ for iPhoneとキャリア保証の比較をしてみました。  

AppleCareの保証に入らないと修理費100%負担

2006年9月に設立されたモバイルに特化した調査研究機関であるモバイルマーケティングデータ研究所は、2018年9月10日に日本国内でのsmartphoneの利用率調査結果を発表しました。

メインで利用しているスマートフォン、Android利用率40.1%、iPhone利用率35.2%、Androidの利用率がiPhoneの利用率を上回る

引用:https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1737.html

液晶画面バキバキのiPhoneを修理せずそのまま使い続けている人も見かけます。「修理費用が高い!」というのが一番の理由でしょう。   2017年11月3日に発売されたiPhone Xの価格は12~14万円とスマートフォンの中で一番高くなっています。

キャリアで契約すると月々の支払いが高くなりがちです。オプションのAppleCare+ for iPhoneやキャリア保証への加入をためらってしまう人が多いのではないでしょうか。

しかし、今回発売されたiPhone XのAppleStore公式の画面割れ修理費用は31,800円(税別)とかなり高く設定されています。その他の損傷も60,800円(税別)もかかります。ちゃんと保証に入っていれば、こうした余分な支払いをしなくて済むのです。  

 

引用:https://support.apple.com/ja-jp/iphone/repair/screen-damage

 

iPhoneが画面割れや故障した人をまとめてみました

 

 

割れると怖いですね。3万〜6万の出費は痛すぎる。

 

AppleCare+ for iPhoneとキャリア保証の違い

大手通信キャリアでiPhoneを契約をする場合、「AppleCare+ for iPhoneとキャリア保証、どちらに入りますか?」と聞かれます。が、説明を聞いてもよくわからず、「とりあえずキャリア保証で」となる人が多いのが現状と思われます。

iPhoneXの場合で、AppleCare+ for iPhoneとキャリア保証を比較してみましょう。

iPhoneXの背面ガラスやディスプレイが画面割れした際の修理費用、おすすめ修理業者

2018年2月14日
applecare キャリア違い

 

AppleCare+ for iPhone

メリット

Appleストアで即修理対応ができるので、画面割れ、周辺部品の交換などでもその日に受け取りが可能です。 また通常は90日間の、Appleの電話サポートが2年に延長されるので、初めてiPhoneを購入する人には心強いです。

デメリット

サポートサービスは2年間のみとなっているので、2年以上使い続ける予定の人にはあまりお勧めしません。また一括払いのみで分割払いはできません。なお、紛失・盗難には対応していません。  

 

docomo:ケータイ補償サービス for iPhone & iPad

docomo:ケータイ補償サービス for iPhone & iPad

メリット

AppleCare+ for iPhoneや他のキャリア保証に比べ、月額料金が750円(税込810円)と良心的です。AppleCare+ for iPhoneと違い紛失・盗難にも対応しています。また2年目以降も自動更新されるので長期間使う人にも安心です。基本的には代替品と交換されます。

デメリット

代替品との交換になるため、画面割れでも料金が一律11,000円(税込12,744円)がかかります。また保証を受ける場合は電話での対応になります。代替品が同じ色のiPhoneでない場合もあります。また、壊れた本体を初期化してからの交換になるため、不慣れな方には大変な作業です。またAppleストアで修理をする場合には、docomo保証の対象外となっているために、修理代金を全額支払わなければなりません。  

 

参考:https://www.nttdocomo.co.jp/service/compensation_iphone_ipad/index.html

 

au:AppleCare+ & au端末サポート

au:AppleCare+ & au端末サポート

メリット

新たにiPhone Xにも対応した保証サービスができ、保証範囲が広がりました。これまで、紛失・盗難に対応しておらず、紛失・盗難の場合は機種変更を行う必要がありました。AppleCare+ for iPhoneと同じサービスをAppleストアで受けられます。また、AppleCare+ for iPhoneのサポートが終了した後も、auで追加で2年間保証サポートが受けれます。

デメリット

価格がdocomo、AppleCare+ for iPhoneに比べると1,190円(税込1,285円)と高めに設定されています。  

 

参考:https://www.au.com/iphone/service/warranty/

 

softbank:あんしん保証パック with AppleCare Services

softbank:あんしん保証パック with AppleCare Services

メリット

auと同じくAppleCare+ for iPhoneと同じサービスが受けれます。保証を利用した場合Tポイントが付与されるためAppleCare+ for iPhone、他のキャリアと違いポイント分が得になります。また月額料金もauに比べわずかですが安くなっています。

デメリット

AppleCare+ for iPhoneと同じサービスが受けれますが、AppleCare+ for iPhoneと同じく紛失・盗難には対応していません。紛失・盗難をした場合は機種変更より安い値段での本体交換になります。  

 

参考:https://www.softbank.jp/mobile/service/anshinpack/with-applecare-services/

 

補足:AppleCare不要論

もちろん人によりけりですが、完全に不要な人もいます。

 

まあ人によってなんでご自身の判断で解約してください。

 

解約したいと思ったら以下の記事を参照してください。

【2019年最新】各キャリア保証の解約方法を紹介

2017年12月26日

 

筆者が思うこと

AppleCare+ for iPhone及びキャリア保証は購入から数日以内なら入れますし、一括で購入すると高額ですが、購入してから24回払いに設定すれば(カード会社によりできないこともありますが)月々の金額は安くなります。なのでとりあえず入ってくにこしたことはないと思います。

AppleCare

入る前に知っておきたいAppleCare+詳細

2018年1月4日